⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症男性を警官が射殺!おもちゃの銃を本物と見間違い

ストックホルムの住宅街で起きた痛ましいニュースが飛び込んできました。

おもちゃの銃を持っていた男性、エリック・トレルさん(20歳)が2018年8月2日、スウェーデンの警察官に射殺されたということです。

エリック・トレルさんは、ダウン症と自閉症の一種を併発していたそうです。

重度の障がいで、言葉は「ママ」くらいしか言えなかったそうで3歳児のようだったそうです。

エリック・トレルさんの知能は3歳児程度で意思疎通が難しかったようです。

エリック・トレルさんは、数時間前に家を出て、行方不明となっていました。

過去にも家を出たことがあったそうですが、いつもは発見されていたそうです。

エリック・トレルさんが持っていたのは、小型の機関銃のようなプラスチック製のおもちゃでした。

このおもちゃは、おくりものでした。

警察は、銃を持った男性がいるとの通報を受けて駆け付けたそうです。

警察官は、エリック・トレルさんに対して銃を捨てるように呼びかけたそうですが、脅すような動きを見せたため、少なくとも3人の警察官が発砲しました。

その後、エリック・トレルさんは、病院に運ばれましたが死亡が確認されたとのことです。

エリック・トレルさんの母、カタリナ・ソーデルベリさんは、息子が人を脅かすなんて考えられない、息子は蚊も殺さないのにと言っていたそうです。

警察の対応は、違法でなかったかどうか現在、捜査しているそうです。

なお、スウェーデンでは、米国と同様に銃の所持が認められています。

銃を所持する理由が認められる場合ですが。

スウェーデンでは、100人あたり、31.3丁の銃を所持しているそうです。

3人に1人は持っている計算です。

ちなみに米国では、100人あたり、89丁の銃を所持しているそうです。

ほとんどの人が持っている計算です。

スウェーデンの犯罪率は、低い順に全世界では10位です。

日本は、3位です。

犯罪率が低い国でも、このような事件が起きてしまいます。

公正な調査を行い、二度と同じことがないよう再発防止して欲しいところです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.