⑫ダウン症児を親族に持つ有名人

シャルル・ド・ゴールのダウン症を持つ娘、アンヌ

ド・ゴール大統領

 

シャルル・ド・ゴールと言えば、フランスの大統領であったことは、皆さんご存知だと思います。

今も空港などいろんなところに名前が残っています。

第二次世界大戦時、フランスがナチスドイツに降伏した際、ド・ゴールは、ロンドンに亡命し、自由フランス運動の指導者として活動していました。

その後、フランスの大統領となっていいます。

さてそのド・ゴールの次女、アンヌはダウン症でした。

ド・ゴールは、家族に心を開いていなかったそうですが、唯一、アンヌには心を開いていたそうです。

当時、ダウン症児は隔離されることが多かったようです。

しかし、ド・ゴールは決してそんなことはしませんでした。

ド・ゴールは、アンヌに惜しみなく愛情を注いでいました。

しかし、アンヌは、20歳で亡くなっています。

そのときド・ゴールは、「たったいま娘はほかの人と同じになれた」と語ったそうです。

アンヌが亡くなった後、ド・ゴールは、アンヌ・ド・ゴール基金を設立しています。

この基金では、恵まれない子供たちへの支援を行っていました。

さてド・ゴールには暗殺未遂事件が31件もあったそうです。

1962年、ド・ゴールは、車で移動中、4人組の暗殺者により、銃弾を撃ち込まれたそうです。

しかし、ド・ゴールがいつも持ち歩いていたアンヌの遺影の額縁に弾があたり、止まっていたそうです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-⑫ダウン症児を親族に持つ有名人

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.