③ダウン症に関する疑問・悩み

発達が良いダウン症児に対する差別?

先日、発達が良いダウン症児の親御さんの講演会でも聞きましたが、発達が良いダウン症児だからある差別があります。

以前から聞いたことがありますが、例えば、健常児とほとんど変わらないため、小学校の普通学級を希望したところ、教育委員会からダウン症という理由だけで希望が通らなかったというものです。

今は親が強く希望すれば通るようですが、以前は、通らないこともあったようです。

ダウン症=知的障がいという先入観があるためであると思いますが、知的に問題がないにも関わらず、普通学級に入れてもらえないのです。

このようなことは、小学校の普通学級だけではありません。

例えば、高校入試の際、ダウン症という理由で試験の申込みができないという話も聞きました。

さらに試験が受けられたとしても、面接で落とされることもあるようです。

外見的な特徴的でダウン症と分かったからでしょうか。

就職時も同じことが起こります。

やはりダウン症というだけで落とされてしまうのです。

これらのことは、次の記事に書きましたが障害者差別解消法で禁止されている事項と考えられます。

障害者差別解消法~差別はなくなったか?

この法律は、障害を理由とした差別を禁止するものです。

知的に問題がないのであれば、ダウン症という理由だけで排除してはいけません。

もし、このようなことが今でもあるとしたら、弁護士と相談するのが良いと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.