③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症になる確率が上がっている?

更新日:

生まれてくる子供がダウン症になる確率は、1000人に一人と言われています。

しかし、15年の間にダウン症になる確率が上昇している増加しているらしいということです。

(少々、古い記事を基にしていますが)

どういうことでしょうか。

高齢で産む人が増えていることが原因ということです。

確率的には、

  • 25歳未満で1/2000人に一人の割合
  • 35歳で300人に一人の割合
  • 40歳で100人に一人の割合

でダウン症となるようです。

出典 Wikipedia ダウン症候群

高齢で産むほど、ダウン症になる確率があがるため増えているということです。

今の時代、高齢で産む人が増える傾向は変わらないため、ダウン症をもって生まれた子供をより一層サポートする体制が必要であると思います。

関連記事

第一子と第二子でダウン症の発症率に違いはある?

ダウン症の原因(最近の研究成果「タンパク質コヒーシン減少が主原因」)

ダウン症はいつ、どうやって起きるの?

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

 

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.