9歳

早希ちゃんの喜怒哀楽

早希ちゃんの喜怒哀楽について紹介します。

早希ちゃんは喜怒哀楽に富んでいます。

全てが可愛いです。

喜ぶ

早希ちゃんは、いつもニコニコしています。

早希ちゃんは9歳ですがまだ言葉が言えません。

私たちが言っている言葉は分かっているようです。

そのため、顔の表情や指差しで自分の言いたいことを表現します。

大好きな「おさるのジョージ」,「ひつじのショーン」を見ているとき、みんなの顔を見てニコニコしますが、これは、みんなに「面白いね」と言っているのだと思います。

怒る

怒るときは、テーブルを手でバンバン叩きます。

仕草が可愛いので怖くありません。

哀しむ

人が悲しんでいる時、早希ちゃんも一緒に悲しみ涙を流します。

ひとの感情にとても敏感です。

映画で悲しいシーンを見ている時、涙をぽろぽろ流します。

一人だけ、おやつがなかったとき、言葉でうったえることなく、じっと耐えるようにして泣きます。

 

 

楽しむ

いつも何かを楽しんでいます。

絵本を並べたり、写真のようにポンポンを振り踊ったりします。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-9歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.