⑮ダウン症療育の関連商品

発話が難しい子の意思を伝えるアプリ「えこみゅ」(無料)

以前、記事に記載したアプリ「えこみゅ」についてですが、かなり使えることが分かったため、再度、紹介したいと思います。

「えこみゅ」は、株式会社LITALICO(りたりこ)が提供するアプリです。

LITALICOは、主に発達障害のある子供を対象とした療育・学習支援サービスを行っています。

以前、早希ちゃんはLITALICOに療育で通っていました。

とにかく良く褒めます。

いろいろな遊びで早希ちゃんが出来ると「早希ちゃん、良くできたね-」と大きな声で褒めます。

そうやってやる気を引き出します。

 

さてアプリ「えこみゅ」についてです。

このアプリは、発話が難しい子の意思伝達を支援するものです。

以下のタブにそれぞれ絵カードが含まれています。

  • つかったもの
  • つくったもの
  • ほしい
  • どうく
  • たべもの
  • ひと
  • どうぐ
  • からだ
  • のりもの
  • ばしょ
  • じかん
  • きもち
  • じょうたい
  • しつもん

そして好きな写真と録音でオリジナルの絵カードも作ることが出来ます。

えこみゅ - LITALICOアプリ

使い方は、簡単です。

例えば、ごはんが食べたいときの操作です。

最初に「たべもの」を選びます。(図の赤い枠)

そうすると「たべもの」を選択する画面に切り替わります。

ここで「ごはん」を選びます。(図の赤い枠)

そうすると「ごはん」の絵が上部の木の枠の中に入ります。

次に「すること」を選択します。(図の赤い枠)

そうすると「すること」を選択する画面に切り替わります。

ここで「たべる」を選びます。(図の赤い枠)

そうすると「たべる」の絵が上部の木の枠の中に入ります。

最後に再生ボタンを押すと「ごはん たべる」と自動音声が流れます。

実際にやってみましたので動画をご覧ください。(動画参照)

また、オリジナル絵カードも作ってみました。

早希ちゃん、「おさるのジョージ」や「ひつじのショーン」の絵カードを指で選び、なんと動画を観たいアピールしました。

初めて自分の意思で観たい動画を伝えました。

凄いことです。

早希ちゃんは、自分の意思が伝わったので大喜びです。

言語の訓練にも最適であると思います。

下記のApp Store、Google Playからダウンロード可能です。(無料です)

えこみゅ

えこみゅ
開発元:LITALICO Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-⑮ダウン症療育の関連商品

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.