①日々所思(思うところ)

早希ちゃんは、なぜ話さないのか?

更新日:

ダウン症を持つ11歳になる早希ちゃんは、今も話しません。

こちらの言っていることは分かっているようで、言った言葉を理解していなければできないような反応があります。

例えば、「学校に行くよ」と話をすると、いつもではありませんが、立ちがあって玄関に向かったりします。

「早希ちゃん、コップを取って」というと、コップをとります。

このような言葉は、理解していますが喋りません。

以前は、少しはいろんな音を出していましたが、今は、ほとんど「こ」など1音しか発せず、不明瞭ながら、たまに言葉を発することがあるようです。

妻は聞いたことがあるといっていますが、私はほとんど聞いたことがありません。

なぜこのようになったのか、振り返ってみると早希ちゃんは言葉を喋る自信を無くしてしまったのではないかと考えています。

言葉が不明瞭のため、何を言っているか分からない、分からないから私たちが反応しない。

そうなると言っても伝わっていないから、次第に喋らなくなる、といった悪循環があったのではないかと考えています。

また私は妻と早希ちゃんはまだ喋れないからと本人の前で言ってしまったのもよくなかったのかもしれません。

恐らく早希ちゃんは、私の言った言葉を理解していたのでしょう。

でも過去は過去で今そう思ってもその時に戻れる訳ではありません。

今後は、早希ちゃんの話を聴いて理解することが必要であると強く思いました。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.