④ダウン症に関する課題

ダウン症児サポートにボランティアを使う方法!

私たちのダウン症のある早希ちゃんが、小学校低学年の頃、普通学級に通っていました。

付き添いが条件だったため、妻が毎日、早希ちゃんと一緒に学校に行き、教室の後ろの方で待機し、早希ちゃんのサポートをしていました。

地域によっては、補助員を学校が付けてくれるところがあるようです。

毎日、続けているとさすがに大変で、何か方法がないかと地域の市議会議員の方に相談したところ、ボランティアを使ってはどうかとアドバイスを頂きました。

募集したところ、大学生のボランティアを見つけることができました。

もし、ダウン症育児で大変な場合、ボランティアを使うという方法があります。

小学校の補助員だけではありません。

次のサイトでは、ダウン症者に対するボランティアを募集していました。

ダウン症に関する東京でのボランティア募集

このようにダウン症児(障がい児も)をサポートするボランティア活動はいろいろあるようです。

水族館、動物園や遠足などにボランティアの方が連れて行ってくれるようです。

ネットで探すといろいろ検索できると思います。

もし、ボランティアにお願いしたいという方は、探してみてはどうでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!


-④ダウン症に関する課題

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.