12歳

早希ちゃん、ヘンゼルとグレーテルになる(笑)

私は、週に2回、早希ちゃんを特別支援学校のバスまで送り届けています。

早希ちゃんは、リュックを背負い、パパと手をつないでバスが停車しているところまでパパと一緒に歩いて行きます。

妻がリュックに荷物を入れるのですが、先日、準備に時間がかかりすぎてリュックが少し空いた状態になってしまいました。

パスの時間に間に合わないので妻には後でリュックのチャックは歩きながら閉めるといって早希ちゃんと家を出ました。

すっかり、リュックの事は忘れてしまい、停留所まで行きました。

到着するとバスを待っている他のママさんから「早希ちゃんのリュック空いているよ」と言われ、閉めるのを忘れていたことにようやく気付きました。

私が知っているのはここまでです。

会社からの帰宅すると妻がニコニコしながら「早希ちゃん、ヘンゼルとグレーテルのようだったよ!」と言いました。

妻と私の会話です。

パパ
何かあったの?
知らないの?
ママ
パパ
何のこと?
リュックのチャック空いていたよね
ママ
パパ
ああ、閉めるのを忘れていた。他のママさんが教えてくれてちゃんとチャックを閉めたよ
それだけ?
ママ
パパ
それ以外に何かあったの?
ヘンゼルとグレーテル状態だったよ
ママ
パパ
どういうこと?
早希ちゃんのリュックから荷物が一つずつ道に落ちて行ったみたい
ママ
パパ
えぇ-っ!(驚愕)
後ろから歩いていた他の児童が荷物を一つずつ拾ってくれたの。早希ちゃんの名前が書いてあったから分かったみたい
ママ
パパ
(愕然)
他のママさんからまるでヘンゼルとグレーテルのようだったと言っていたよ
ママ

ヘンゼルとグレーテルとは、皆さんご存じの通り、グリム童話です。

森に捨てられそうになった妹(ヘンデル)が帰りの道しるべとして道々に白い石を落としていく話です。

その後、この話は、特別支援学校の先生や他のママさんに笑い話として伝わっていきました。

パパは面白い人という話になっているようです。(笑)

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-12歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.