9歳 9歳(支援学校転校)

転学する予定の支援学校に行き面談する

2月2日の今日は、転学する予定の特別支援学校に行きました。

特別支援学校では、東京都教育庁の担当の方と、特別支援学校の副校長先生、特別支援コーディネーターと面談しました。

最初に聞かれたことは、特別支援学校に転学することについての意思確認です。

もちろん転学の意思は伝えました。

しばらくして特別支援コーディネーターの方は早希ちゃんを連れて別室に行きました。

残った副校長先生と東京都教育庁の担当とお話ししました。

聞かれたこととしては、特に考慮する必要がある病気があるかどうかでした。

早希ちゃんは、幸いにも合併症などは全くないため問題ないと伝えました。

その他、早希ちゃんは、服の着替えに手間取ったりすることについて伝えました。

特別支援学校では、その辺は特に問題がないそうです。

ところで別室での早希ちゃんですが、やりたくないことをしなければならない時、先生の気をそらすために指で天井を指したりしたそうですが、さすが特別支援コーディネーターの先生です。

そこは早希ちゃんの手に乗らず、きちんとやらせていました。

しかし、早希ちゃんの適応力の高さには驚きです。

初めて行ったところにもかかわらず馴染んでいました。

本日の面談は以上でした。

次回は、入学・転学の説明会に行きます。

トイレにまだ行けないことについては、担任の先生が決まってからお話ししようと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-9歳, 9歳(支援学校転校)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.