⑪ダウン症に関するニュース

いざという特に役立つダウン症支援の人生ノート「あしあと」とは?

更新日:

長崎県にあるダウン症などの染色体障がい者を支える「バンビの会」は、必要な支援や生活状況などを書き記すノート「あしあと」を作成しました。

「バンビの会」は、染色体障がい者の保護者、医療や教育、福祉の専門の先生方も会員になられているそうです。

設立は1988年です。

この「あしあと」は、バンビの会理事長である近藤先生が、ダウン症などの障がい者の情報を伝達するためのものとして作成されました。

表紙にかかれたサブタイトルは、「ハンディをおわれた方の人生ノート」です。

目次は次のようになっています。

まさに人生のことがらについて書かれたノートです。

  • プロフィール
  • 支える家族・仲間(緊急連絡先)
  • 生まれた時のこと
  • 発達歴
  • 教育歴
  • 学校を卒業後の仕事先・施設名等
  • 療育歴・習い事・福祉サービス
  • 診療歴
  • 最新の福祉手続き
  • 現在の日常生活の状況

このノートは、家族が高齢化したり、災害がは発生したりして付き添えない場合を考えて、必要なケアについて記録するためのものです。

今年(2018年)8月に完成しました。

必要な情報を漏れなく記載できるようになっており、いざと言う時に役立ちそうです。

次のサイトに詳しいことが記載されています。

「あしあと」のサンプルも載っています。

「あしあと」人生ノート

ちなみに「あしあと」には 2 種類あります。

先程、目次を紹介した「ハンディをおわれた方の人生ノート」と「ダウン症候群のある方の人生ノート」です。

1冊200円で販売しているそうです。

購入されたい方は、上記のサイトから申し込みをしてください。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.