⑪ダウン症に関するニュース

国連がダウン症児を普通学級で受け入れるための教師の研修実施の方針

更新日:

世界ダウン症の日(2019年3月21日)、国連において、ダウン症児の教育環境整備で教師の研修実施の方針を示したそうです。

具体的には、全てのダウン症児が、質の高い教育を受けられるようにするというものです。

そのために世界の各国において教師の研修を実施していく方針となりました。

これは、ダウン症だけではなく、ダウン症を含む3000万人の障がい児が対象となるとのことです。

2030年までに整備される予定です。

また、この方針は、ダウン症児を普通学級で受け入れるためのものだそうです。

わたしたちの早希ちゃんは、小学校の普通学級に通っていましたが、必ずしも先生が障がい児の教育に精通していた訳ではありません。

早希ちゃんを普通学級に入れるときは、いろんなハードルがありました。

普通学級に入ってからもです。

ほとんどの先生は、自分で勉強されているのではないでしょうか。

そうなると先生によっては、教育の質のばらつきが起きています。

今回のこの国連の方針は、教育の質のばらつきをなくすためのものです。

これは、とても良いニュースです。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.