①日々所思(思うところ) ⑱渓兄ちゃん

人の痛みが分かる人間になって欲しい

ダウン症のある早希ちゃんのお兄ちゃんは、現在、13歳です。

中学二年生です。

以前、うちの長男は、「早希ちゃんは、他の子にはないものを背負ってるから」と言ったことがありました。

関連記事 渓の言葉「早希ちゃんは、他の子にはないものを背負ってるから」

長男は、早希ちゃんを特別な存在と思っているようです。

だから早希ちゃんなら、いろんなことが許されると思っているのでしょう。

学校でのことですが、こんなこともありました。

クラスで欠席することが多い子がいますが、長男はいつもその子について気にかけているようです。

長男自身、いじめっ子よりはいじめられる方の立場になるタイプです。

そのため、より弱い子の気持ちが分かるようです。

欠席が多い子は、長男が同じ趣味のゲームの話などでよく声を掛けているそうです。

他の子はあまり声は掛けていないようです。

そういったところを先生が見ていたのか、席替えで欠席が多い子の近くに長男の席を持ってきたようです。

うちの長男は、人の痛みが分かる人間のようです。

これはとても大切なことであると思います。

いくら学校の成績が良くても、人の痛みが分からない人は、人を痛めつけたりするため、人から信頼されることはないでしょう。

尊敬されることもないでしょう。

うちの長男には、人から信頼される人、尊敬される人になって欲しいと思います。

私は成績よりも人として大切なことであると思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-①日々所思(思うところ), ⑱渓兄ちゃん

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.