9歳

早希ちゃんの言葉の遅れ

9歳になる早希ちゃんは、まだ言葉がきちんと言えません。

「パパ」は言えますが、それ以外はほとんど言いません。

以前、言っていた単語レベルの言葉も最近は言わなくなりました。

どうも言っても通じないため、自信がなくなってしまったようです。

ダウン症児は、口の周りの筋肉や舌の筋肉が弱いため、発音が困難な場合があるといいます。

しかし、言葉が言えないからと言って、こちらが言っていることが理解できないかというとそうでもありません。

かなりのことは、私たちが言っていることを理解しているようです。

「お出かけするよ」というと、ちゃんとカバンを持って来たり、玄関で靴を履いたりします。

「食器を片づけて」というとちゃんと片付けます。

言葉は理解しているのですが、言葉をしゃべれないため、知能的に重度であると思われがちです。

言葉については専門医に相談していますが、ある日突然、話し出すこともあるようで、辛抱強く待つしかないようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-9歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.