⑤療育 9歳

言葉をしゃべれない早希ちゃんのコミュニケーション

言葉をしゃべれない早希ちゃんのコミュニケーションについてです。

おさるのジョージを観たい場合、「ジ」と1音だけ言います。

アニメは、ひつじのショーン、ドラえもん、クレヨンしんちゃんを観ていますが、1音で言えるのは、おさるのジョージだけです。

一番、気に入っているのでしょう。

アニメを観たい時、リモコンを持ってくることもあります。

控えめな早希ちゃんは、直接、手渡しせず、リモコンを私たちの見えるところに置いておきます。

妻が料理を作っている時、キッチンの手前にリモコンを置いていたこともあります。

他には指で自分の意思を伝えます。

例えば、渓にいちゃんが早希ちゃんにちょっかいを出すと、指をドアに向けます。ドアから出て行ってと言っているのです。

早希ちゃんはしゃべれないため、自分が持っている別の能力をうまく使い、コミュニケーションを取っているのです。

素晴らしいことです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!


-⑤療育, 9歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.