9歳 ⑮ダウン症療育の関連商品

喋れない早希ちゃんのための絵カード

9歳になる早希ちゃんは、自分の意思を言葉で表現することができません。

言いたいこと、伝えたいことがたくさんあると思いますが、うまく言葉で言えません。

そこで学校の先生が、早希ちゃんのために絵カードを作ってくれました。

家にあるのは、「といれ」と「おかわり」だけですが学校には、他にも色々あります。

使い方としては、例えば給食でお代わりしたい時に早希ちゃんが「おかわり」カードを先生に見せます。

トイレに行きたい時は「といれ」カードを見せます。

このようにして早希ちゃんの意思を伝えることができます。

今日は、お家で夕飯のときに「おかわり」カードを見せてくれました。

絵カードが役に立っています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-9歳, ⑮ダウン症療育の関連商品

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.