9歳

悪夢

車に乗っている時、早希ちゃんがお店にいるところを見かけました。

少し離れてから引き返し、そのお店に行きましたが早希ちゃんはいません。

あたりをくまなく探しましたが、どうしても早希ちゃんは見つかりません。

なぜ車から見えた時に直ぐに迎えに行かなかったのか後悔しました。

近くには、川があります。

日は落ちてあたりは暗くなっています。

いろいろあってはならないことを想像します。

早希ちゃんはどこに行ったんだろう。

寂しい思いをしていないか。

一人で泣いていないか。

私は夢にうなされて目が覚めます。

目の前には、スヤスヤ寝ている早希ちゃんがいます。

夢でよかった。

本当によかった。

ごめんね、早希ちゃん。

私はそっと早希ちゃんの頭を撫でました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!


-9歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.