③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症候群の名前の由来

更新日:

1.ダウン症とは

人間の体は、たくさんの細胞から出来ています。

その細胞のすべてに核と呼ばれる中心部があり、その核の中に私たちの体を作ったり、生きていくための設計図が入っています。

この設計図の正体は、細胞の核の中に入っている染色体と呼ばれる23組、46本の紐のようなものです。

ダウン症候群(Down syndrome)は、21番染色体が1本多くあるために発症する先天性疾患群のことです。

21番目の染色体が1本多いことから全染色体は47本となります。

染色体が1本多いことをトリソミー症と呼びます。

ダウン症の場合は、21番目の染色体のトリソミー症ですが、その他の染色体のトリソミー症もあります。

13トリソミー(パトー症候群)、18トリソミー症(エドワーズ症候群)など。

 

2.ダウン症の名称の由来

1866年、イギリスの眼科医であるジョン・ラングドン・ハイドン・ダウンが論文で疾患の存在が発表されました。

1959年、フランス人のジェローム・ルジューヌは、21番染色体が3本(トリソミー)となっていることを発見しました。

1965年、WHO(世界保健機構)は、発見者のダウン博士に因んでダウン症候群という名称が正式に決定されました。

なお、ダウン症はトリソミー21と呼ばれることもあります。

ダウン症という名称は、マイナスのイメージがありますが、実は医学者の名前から取られています。

引用 Wikipedia ダウン症候群

 

3.特徴

ダウン症をもって生まれた子供は、知的障害や先天性心疾患などを伴うことが多いですが個人差が大きいようです。

ダウン症の方は、人なつっこくて、明るく、陽気な人が多いようです。

また才能がある方も多く、書道家の金澤 翔子さんなどが有名です。

その他、映画俳優、音楽家などで活躍している方もいます。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.