10歳

映画「進撃の巨人」を観て「進撃の早希ちゃん」と化す!?

先日、劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~を観てきました。

進撃の巨人」は、有名な漫画なので知っている方は多いと思います。

どこから現れるのか分からない巨人と呼ばれる人間?から人類を守るため、高い城壁を築いていたのですが、その城壁を巨人が突破し、人類と巨人の戦いが始まるというものです。

御幣があるかもしれませんが、まるでゾンビが巨人化したようなものです。

ところで映画の方ですが本当は、パパとお兄ちゃんと観に行く予定で土曜日に予約した。

ところがなんと金曜日になって、土曜日にお兄ちゃんの通っている中学校で授業があることが判明。

当初、早希ちゃんには刺激が強すぎるから、パパとお兄ちゃんで行くはずだったのですが、急遽、パパと早希ちゃんと行くことになりました。

映画館の入り口です。(少し指が写真に入ってしまいました)

満席ではありませんでしたが、初日の次の日ということもあり、結構、席は埋まっていました。

ポスターです。

私自身、アニメとか漫画は好きな方なのですが時間がなくて、実は「進撃の巨人」はあまり観ていません。

でもなんとなくストーリーは知っています。

特に巨人に人が食べられるシーンは早希ちゃんには刺激が強そうで心配でした。

映画が始まり、私は映画を観ながら隣に座っている早希ちゃんの様子をちょくちょく観ていました。

何と早希ちゃんは飽きることなく、最後まで観ました。

巨人に人が食べられるシーンも平気です。

残酷なシーンのオンパレードだったのですが意外と早希ちゃんは大丈夫かもしれません。

帰宅すると早希ちゃんは、いつものようにリビングを散らかしほうだい、まさに進撃の早希ちゃんでした。

(いつもはゴジラと言っています)

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

 

おすすめ記事

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-10歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.