7歳

早希ちゃん、床に落書き!消すのが超大変!

早希ちゃんが7歳の頃です。

その時の早希ちゃんは、私たちの目を盗んでは、クレヨン、油性マジックペンなどでいろんなところに絵を描いていました。

ある日の昼間、妻は外出し、私はリビングでうとうとと寝ていました。

目を覚ますと次の写真の光景が・・・

リビングの床に油性マジックペンで絵を描いているではないですか。

早希ちゃんは、小悪魔のように笑っています。

でも笑いどころではありません。

ママが帰ってきたら激怒は間違いありません。

何とかママが帰ってくるまでに消さなければなりません。

インターネットで調べると油性ペンの場合、オイルを使うと消せると書いていたため、サラダ油を使ってみましたが消えません。

試しに消しゴムを使ってみたところ、何度も消しゴムで擦ると薄くなりました。

根気はいりますが、時間をかけて消しゴムで擦ると消えるようです。

そうやって1時間かけて何とか消えました。

ママが帰ってくるまでに何とか間に合いました。

しかし、数年は、畳にクレヨンで絵を描いたりしてその度に消していました。

床などに書いた絵を見つけては、よくママが悲鳴を上げたものです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-7歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.