①日々所思(思うところ) ③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症育児で療育マニアになってしまう?

投稿日:

療育マニアとは、日本ダウン症協会の玉井邦夫先生の著書「本当はあまり知られていないダウン症のはなし―ダウン症は「わかって」いない (LD協会・知識の森シリーズ)」に書かれていた言葉です。

療育に良いと聞くとその全てをやろとうとすることです。

日替わりで子どもの習い事をすることと同じで、毎日、療育のメニューをこなしている人がいるかもしれません。

玉井邦夫先生に言わせると英語、フランス語、ドイツ語、中国語、各国語を日替わりで勉強しているようなものだそうです。

一つのことをまずしっかりと身に着けていく必要があるようです。

療育は、専門家に指導されているだけでは効果は出ません。

専門家が教えている時間は、僅かです。

その教えてもらったことを両親が日常でも実践して初めて効果が出ます。

語学も同じで自宅でも復習しないと身に着かないのではないでしょうか。

もし、先程の例のように日替わりで語学の勉強したら、自宅では複数の語学を復習しなければならず、とても実践できません。

まずは、少ないメニューの療育を行い、その療育を集中的に復習していた方が効果がでるのではないでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!


-①日々所思(思うところ), ③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.