③ダウン症に関する疑問・悩み

なぜ養護学校と呼ばれなくなったのか?そこにある深い理由!

昔は、養護学校と呼ばれていましたが、今ではほとんどが特別支援学校と呼ばれています。

ある時期から特別支援学校に変更されたようです。

先日、ダウン症専門医の方から理由を聞き、とても驚きました。

そのダウン症専門医は、よくアメリカのダウン症の集まりに参加していたそうですが、そこでアメリカの専門家から次のように言われたそうです。

ヨウゴガッコウは知っているか?

あれは、アウシュビッツだ。

「ヨウゴガッコウ」という言葉自体が英語になっているそうで、アウシュビッツのような隔離施設という意味合いで使われていたそうです。

健常児から隔離するための施設ということです。

日本の役人もアメリカでこのようなことを言われたのでしょう。

どうもそれが原因で養護学校という名称が特別支援学校になったというのです。

でもそのことは、日本では報道されていません。

ネットを見てもそのようなことは書かれていません。

ダウン症専門医の話では、アメリカでのことを隠ぺいしたかったのだろうと言っていました。

今でも「ヨウゴガッコウ」は、世界では偏見と差別の対象として認識されているようです。

ところで養護学校という名称は、まだ一部の学校に残っているようです。

それにも理由があるそうですが、その話はまた今度にします。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.