②ダウン症児の特徴

ダウン症児の体はなぜ柔らかい?

私たちのダウン症のある早希ちゃんは、とても体が柔らかいです。

足を頭に後ろに持って行けるくらいです。

中国雑技団の子供たちのようです。

ダウン症児は、体が柔らかいと言われています。

なぜ柔らかいかというと、ダウン症の特徴の一つである筋肉の筋緊張が低下しているためです。

筋緊張とは、筋肉の力、固さのことです。

ある論文では、以下の関節の関節可動域について調査した結果、健常児と比べてダウン症児の場合、関節可動域が大きかったそうです。

  • 手関節背屈
  • 股関節屈曲
  • 足関節背屈

引用 ダウン症児の筋緊張低下と他動的間接可動確度

この筋緊張の低下は、体が柔らかくなるだけでなく運動能力の遅れにもつながります。

早希ちゃんは、健常児と比べて歩き出すのは遅い方でした。

それでは、どうしてダウン症児の場合、筋緊張が低下するのでしょうか。

いろいろ調べましたが、記載された論文等は見つかりませんでした。

筋緊張が低下する原因は、よく分かっていないのだろうと思います。

筋緊張の低下は、運動能力の遅れにつながると述べましたが、藤田弘子さんの「ダウン症児の赤ちゃん体操」により改善を図ることが出来るようです。


ダウン症児の赤ちゃん体操―親子で楽しむふれあいケア

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-②ダウン症児の特徴

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.