⑩ダウン症以外の症候群

発達障害、自閉症、ダウン症などの確率!わりと身近にある障がい!

実は、障がいは、わりと身近にあるのではないかと感じることがあります。

私は、早希がダウン症のため、障がい児は接することが多いですが、障がい児がいない方でも、実は、わりと身近に障がい児がいるのではないでしょうか。

よく知られた障がいについての発生確率です。

  • 発達障害 15人に一人
  • 自閉症  100人に一人
  • ダウン症 1000人に一人

驚いたのは、発達障害の確率です。

15人に一人の割合でいます。

1クラス40人の場合、2人以上はいる計算となります。

この結果は、文部科学省が2012年に全国の小学校、中学校に行った結果です。

自閉症は、軽いものを含めると100人に一人いると言われています。

こちらもわりと多いようです。

早希ちゃんは、特別支援学校に通っていますが、自閉症の子は、かなり多いと感じます。

そしてダウン症は、1000人に一人の確率です。

今では、出産年齢が上がっていることから800人に一人とも言われています。

他にもさまざまな障がいがあり、それらの障がいを含めると、わりと身近に障がいを持っている子供たちは多いのではないでしょうか。

そう考えると私たちは、何かしらの障がいを持っており、普通の事ではないかと感じます。

これから技術が進み、障がいを簡単に識別できるような時代が来ると考えられます。

更に今まで分からなかった障がいが判明したり、障がいが細分化されていくかもしれません。

すべての人が何かしらの障がいを持っており、何も持っていない人の方が少数派(マイノリティ)であることが分かるのではないかと思います。

そういう時代に障がいを差別する人はいなくなるでしょう。

だってみんな何かしら障がいを持っているのですから。

障がいがあるからこそ、いろんな才能を持ったバラエティーにとんだ人たちが現れ、人類の進歩にも役立っているのではないかと私は考えています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑩ダウン症以外の症候群

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.