障がい者の兄弟を持つ「きょうだい児」の苦悩

認知症の母親とダウン症の姉の介護

投稿日:

ある事件の裁判の判決結果を高裁が軽減させました。

被告は、認知症の90歳になる母とダウン症を持つ66歳になる姉の介護を妻とともにしていたそうです。

承諾を得た上で母と姉を窒息死させたというものです。

一審では、裁判員裁判で懲役6年だったものを高裁は、5年に軽減させました。

介護の負担が増していた被告に懲役6年は、酷であるというものでした。

殺人はいけないことです。

しかし、介護の大変さによる殺人は後を絶ちません。

今回の事件ではないですが、以前、次の漫画を読み、衝撃を受けました。

(漫画は、最後の方に載っています)

裁判官も泣いた「京都認知症母殺害心中未遂事件」とは

誰にでも起きうることです。

「殺人はいけないこと」の一言では片づけられないものがあると思います。

人に迷惑をかけてはいけない、返せない借金を負ってはいけない、そういった価値観が私たちは強く根付いています。

でも大変だったら頼ってもよいと思うのです。

友人で借金に困っている人がいました。

彼は、借金は返さないといけない。

自己破産はするべきではない。

と言っていました。

それでうまくいくならいいのですが、そうでない場合、大変なことになります。

本当に大変であれば、恥を忍んで人に頼るということも必要ではないでしょうか。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-障がい者の兄弟を持つ「きょうだい児」の苦悩

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.