①日々所思(思うところ)

親亡き後は?障がいを持つ子と親を見て思ったこと

更新日:

前日、大きな総合病院に行った際のことです。

私の隣に親子らしい人たちが座っていました。

父親は、「○○ちゃん、絵本持ってきた?」と言ったように子供に話しかけていました。

しかし、親と思われる人は、年齢は80歳代くらいに見えます。

子供と思われる人は、可愛らしい女の子の服を着て、頭には、リボンを付けています。

話し方からは、最初は子供のように思えましたが、どうも60歳は超えているように見えます。

話し方から恐らく、障がいを持っているのだろうと思いました。

親は、何度も「もっと早くくればよかったね」と繰り返し言っています。

この病院に来るということは、ある程度、症状が重いということです。

ちなみに私の場合は、過敏性肺炎です。

以前、このブログでも紹介しました。

経過観察ですが、特に症状が出ている訳ではありません。

さて親子の話に戻します。

私が気になったのは、娘の方です。

万が一、父親に何かあった場合、娘はどうなるのか。

この親子は、おそらく一緒に暮らしているのでしょう。

将来、娘さんは、一人で暮らしていけるのだろうか。

そんなことを考えてしまいました。

先日、観たETV特集「親亡きあと、我が子は・・・」では、障がいを持った人が行くグループホームは、1割の人しか入れないと言います。

年老いた親と障がいを持った子供は、ぎりぎりのところで生活しています。

貯金もほとんどないかもしれません。

将来の不安を感じつつ、あまり考えないようにしている。

そういった人たちが多いようです。

いろいろ考えさせる親子でした。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.