①日々所思(思うところ)

医師の心無い言葉(医師の品格)

医師になるためには、難易度が高い医学部に入学し、6年かけて医学の知識を身につけ、医師国家試験を合格したものでなければなれません。

相当、学力がないと医師にはなれないということです。

逆に考えると学力があれば医師になれるということです。

私の周りには、立派な医師がたくさんいます。

ほとんどの医師は、立派な人たちです。

人の命を救うため一生懸命、仕事をしています。

しかし、残念なことに心無いことを言う医師が少なからずいます

私はあまり遭遇してことはありませんが、そういった医師の話はたまに聞きます。

具体的なことは差し控えますが、常識的に「言ってはいけないこと」をよく理解してないようです。

特に難しいことではありません。

自分が言われて嫌なことは言わなければよいだけのことなのですが、もしかしたら勉強に多くの時間をかけたため、良識を養うことがおろそかになってしまったのかも知れません。

良識は、学校などで教えることはできません。

人との関係の中で学んでいくものです。

医師は患者を診ますが、患者は医師の品格を見ています

これから医師になる方は、知識だけでなく良識も身につけて欲しいものです

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

 

 

オススメ!


-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.