③ダウン症に関する疑問・悩み

日本国内に障がいを持った人はどのくらいいるのだろう?

日本国内に障がいを持った人はどのくらいいるのでしょうか?

障がい者に関する情報は、政府が公表している障害者白書に掲載されています。

障害者白書によると以下のようになっています。

  • 身体障害 436万人
  • 知的障害 108万2千人
  • 精神障害 392万4千人

合計で936万6000人です。

日本国内の人口は、2016年(平成28年)10月1日時点の時点では、127,094,745人です。

936万6000人/127,094,745人=7.3%

ということは、7.3%の方が何らかの障がいを持っているということです。

13人に1人は、障がいを持っているのです。

このように障がいは、とても身近なものであると言えます。

また、936万6000人という人数は、ほぼ神奈川県の人口に相当します。

全員、神奈川県に集めることができたとすると1つの県になります。

936万6000人の中には、後天的に障がいを持った人も多くいます。

いつ誰が障がいを持つことになってもおかしくありません。

これからの時代、障がいとどう付き合っていくか考えるべきでしょう。

ちなみにダウン症者の人口は、私の試算では、5万人となっています。

興味のある方は、以下の記事を見てください。

ダウン症児は毎年何人生まれているの?ダウン症者の人口は?

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!


-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.