①日々所思(思うところ)

ダウン症児は毎年何人生まれているの?ダウン症者の人口は?

1.ダウン症児は毎年何人生まれているの?

興味があり調べてみましたが、厚生労働省では、統計を取っていないのかデータは見つかりません。

そこで推測して見ることにしました。

2017年に国内で生まれた日本人の赤ちゃんは、厚生労働省の調査によると941,000人のようです。

現在の母親の平均出産年齢は、31歳です。

31歳の場合、ダウン症児が生まれる確率は、909人に一人です。

データ Down_Syndrome_Risk_by_Maternal_Age-semilog.svg

かなり大雑把な計算ですが、

941,000人×1/909人=1035人

となります。

1年間に約1,000人のダウン症児が生まれている計算となりました。

2.ダウン症者は何人いるの?

これもまた厚生労働省の統計データにはないようです。

仮にダウン症者の寿命を50歳とします。

現在は、医療技術が進歩しているため、もう少し寿命は長いと思いますが、以前は寿命が短かったことを考えると平均値として50歳としても問題ないと思います。

毎年1,000人のダウン症児が生まれて50歳まで生きるとしたら、

1,000人×50年=50,000人

5万人という計算結果です。

昔は、長く生きられなかったことを考えると、この人数よりも少ないと思われます。

数万人といったところでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.