③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症児を持つ親が言われたくない言葉

ダウン症児が生まれた時、ある人は慰めるため、ある人は勇気づけるため、ある人は共感するために言葉を発します。

でも言った本人は、良かれと思った言葉がダウン症児を持つ親を傷つけることがあります。

ネット上で拾ったダウン症児を持つ親が言われたくない言葉です。

「掛ける言葉が見つからない」

「ダウン症児は天使」

「ダウンちゃんは〇〇だからね」

「どうして生まれる前に分からなかったの?」

「ダウン症は個性の一つ」

「ダウン症児は親を選んで生まれてくる」

「大変な気持ちがよく分かる」

人によって言われても問題ない言葉もあると思います。

人によって捉え方はいろいろだと思います。

同じダウン症児を持つ親に言われても問題ない言葉でも、健常児の親からは言われたくない言葉もあると思います。

「掛ける言葉が見つからない」を言われると「今、自分は苦しい状況なんだ」と再認識してしまい余計、追いつめてしまいます。

「ダウン症児は天使」も励まそうという意図が見えてしまうと同じ状況になります。

「どうして生まれる前に分からなかったの?」は、自分を責められているように感じるでしょう。

「大変な気持ちがよく分かる」は、共感することで自分が理解者であることを伝えようとしていますが、悩んでいる状況は明らかに経験者としては、ダウン症児の親の方が上です。そう考えると「経験がないあなたに何が分かるの」という気持ちになるでしょう。

一番良いのは、ただただ話を聞くことです。

そして普通に接して余計な事を言わないことです。

これが一番であると思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.