⑪ダウン症に関するニュース ⑮ダウン症療育の関連商品

ダウン症児を持つ親同士の交流ができるアプリ開発

沖国大2年の嘉数涼夏(すづか)さん(20)は、ダウン症を持つ親同士がインターネットを通じて相談しあえるサイトやアプリを開発しようとしているそうです。

きっかけは、ダウン症の従弟との触れ合いを通して感じた思いからです。

現在の親の会などは、小学校低学年のダウン症児の親が多く、成長したダウン症者の親はほとんどいないそうです。

成長するつれて悩みなどを共有する場が少ないことに嘉数涼夏さんは気づきました。

そこで、ダウン症を持つ親同士がインターネットを通じて相談しあえるサイトやアプリの開発を思いついたようです。

嘉数さんは言います。

「お互いがロールモデル(見本)となり、ダウン症の子の可能性が広がる社会にできればうれしい」

アメリカでは、ダウン症の俳優やモデルも活躍しています。

更に嘉数さんは言います。

「世界中のさまざまなロールモデルを知ることで可能性を広げてほしい」

元記事

ダウン症、つながり笑顔に 沖国大生・嘉数さんアプリ開発挑む

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

 

おすすめ記事

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース, ⑮ダウン症療育の関連商品

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.