⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症夫婦の25年間の結婚生活!

アメリカのニュースです。

ニューヨーク州のシラキュースに住んでいるクリス・シャルーン(58歳)さんとポール・デフォゲット(54歳)さんは、夫婦になってから25年になるそうです。

クリスさんとポールさんは、30年前、ダンスで知り合い、恋に落ちたそうです。

しかし、周りの人からは、結婚について反対されたそうです。

ダウン症を持っている人が結婚する際、必ずといっていい程、反対されるようです。

以前、紹介したイギリスのエセックス州に住むトミー・ピリングさん(59歳)とマリアンさん(45歳)夫妻の場合もそうでした。

詳しくは、次の記事を見てください。

関連記事 困難を乗り越えて結ばれたダウン症カップル

クリスさんとポールさんは、結婚当時から介護が必要だそうです。

そのため、うまくいかないだろうというのが周囲の意見だったようです。

でも、25年間、結婚生活を送ったことで、その意見は間違いであることをクリスさんとポールさんは、証明しました。

クリスさんとポールさんは、仲睦まじいです。

クリスさんは、ポールさんのために料理をするそうです。

二人でボーリングや、ダンスをするそうです。

現在ですが、ポールさんは、認知症を患わっています。

特別介護が必要なため、介護施設で暮らしています。

クリスさんは、施設を頻繁に訪れているそうですが、精神的にもろくなったといいます。

それでも、クリスさんとポールさんは、幸せだろうと思います。

好きな人と一緒に居られるのですから。

クリスさんとポールさんは、知的障がいがあり、さまざまな障壁があったと思いますが、それらを乗り越えて夫婦になりました。

人々の予想を超えて。

クリスさんとポールさんの結婚生活は、知的障がいがあっても結婚生活を送れることの証明となりました。

素晴らしいことです。

まだまだダウン症者の結婚の事例は、少ないですがまったくない訳ではありません。

日本においても結婚した事例はあるようです。

これからも結婚される人は増えることであると思います。

そのような二人を私は祝福したいと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.