⑤療育 9歳

早希ちゃん、眼科で大乱闘

(以下、妻から聞いた話をもとに記事を書きます)

早希ちゃんは弱視のため、年2回、大学病院の眼科で検査を受けています。

11時の予約でしたが10時半頃、病院に着きました。

いつもの事ですが待たされます。

2時になってようやく目の検査です。

お昼抜きです。

早希ちゃんは目薬を嫌がって、検査技師の方に殴る蹴るの大乱闘でした。

早希ちゃんは、絶対、目を開けません。

意地でも開けません。

最終的には、検査技師の3人で羽交い締めにして、ようやく目薬をさすことができました。

次は、目の写真です。

早希ちゃんは記念撮影と勘違いしたのか、目の写真撮影のとき、顔に手を当ててかわいいしぐさをします。

腕を大きく広げたり、片足を上げたりしてポーズを取ります。

検査技師の先生たちは大笑いです。

検査技師の先生は、思わす全身撮りたいと言いした。

20分の目の検査が終わり、次は診察です。

診察は2時半からでした。

眼科の先生は、早希ちゃんのポーズを取っている目の写真を見て大笑いです。

こんな目の検査写真は初めて見たそうです。

診察も終わり、3時頃に会計です。

やっぱり今回も5時間コースでした。

大学病院は、予約しても時間がかかります。

疲れました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

 

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑤療育, 9歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.