9歳

学校公開(段ボールのロボット)(2016年11月)

先日、小学校の学校公開に行ってきました。

娘の特別支援級では、段ボールでロボットを作っていました。

娘は、その段ボールのロボットを着て喜んでいました。

しぐさがとてもかわいいです。

ちなみにうさぎのロボットだそうです。

dsc_0121

娘にカメラを向けるとピースサインをしました。

dsc_0123

dsc_0124

ロボットにスカートを着けました。

dsc_0134

他の児童もいろいろなロボットを作っていました。

段ボールのロボットは、後日、家に持って帰ることが出来るそうです。

展示会場には、児童たちが作った作品が飾っていました。

娘の作品もありました。タイトル「にっこりな私」は、クラスの子供たちがつけてくれたそうです。

dsc_0108

恐竜の化石の絵です。かなりの抽象画です。

dsc_0137

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-9歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.