⑧研究成果 ⑩ダウン症以外の症候群 ⑪ダウン症に関するニュース

小中学生の15人に1人が発達障害の可能性

投稿日:2017年5月19日 更新日:

NHKスペシャルで「発達障害~解明される未知の世界~」が放送されます。

(2017年5月21日(日)  午後9時00分~9時59分 放送)

生まれつき独特な世界の見え方や聞こえ方をしているケースがあるそうです。

最新の最新の脳科学者の研究により分かってきたそうです。

このような発達障害は、通常学級の小中学生の15人に1人とも言われています。

1.発達障害とは

発達障害は、日本の発達障害者支援法によると以下のように定義されています。

「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。

引用 文部科学省 特別支援教育について

2012年に文部科学省による調査を行ったところ、発達障害の特徴を持った児童は、15人に1人という結果が出ました。(約6.5%)

発達障害といってもいろいろあります。

一般的なものとしては、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、広汎性発達障害(PDD)、自閉症スペクトラムがあります。

トム・クルーズは、学習障害を持っていることで有名です。

トム・クルーズの場合、bとdが区別出来ないなど失読症のようです。

まったく読めないという訳ではないようです。

発達障害の方でこのように活躍されている方は多くいます。

発達障害になる原因については、まだよく分かっていないようです。

遺伝、環境、感染症などが複数関係しているとも言われています。

2.どのような見え方、聞こえ方をしているのか

自閉症の人の見え方、聞こえ方が体験できる動画があります。

独特な見え方、聞こえ方をしていることが分かります。

 

子供の話し声などが複数同時に聞こえてストレスに感じるくらいです。

見え方もぼやけたりしています。

このような学習障害の方の世界の見え方、聞こえ方を周囲が理解することで生きづらさを軽減することが可能です。

NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」では、映像化した発達障害の方の世界の見え方、聞こえ方について放映するようです。

おすすめ記事





-⑧研究成果, ⑩ダウン症以外の症候群, ⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2017 AllRights Reserved.