⑬ダウン症をもつ有名人

ダウン症のアーティスト 尾形理子さん

世田谷区在住の尾形理子さんは、1994年にダウン症を持って生まれました。

尾形理子さんが絵を描き始めたのは、幼少の頃、母親の雅子さんが通っている絵画教室に一緒に行くようになったのがきっかけでした。

中学生のときには、絵画教室の先生の勧めで展覧会に出展するようになったそうです。

そして16歳の時には初めての個展を開きました。

ダウン症児は、言葉で気持ちを伝えることが苦手なことが多いです。

しかし、絵を描くようになってから尾形理子さんは前向きになったといいます。

自分を表現し、多くの人に見てもらえる喜びを知ったのではないかと母親の雅子さんが言っています。

尾形理子さんの絵は、色使いが独特で鮮やかなことが特徴です。

アート的な絵が多く、豊かな気持ちにさせてくれます。

尾形理子さんの夢は、海外でアート展デビューすることのようです。

ダウン症のある方は才能がある人が多いですね。

尾形理子さんの主な出展

  • 2010年 「アート未来展」     新国立美術館
  • 2012年 「第30回平和美術展」    世田谷美術館
  • 2014年 「3331アンデパンダン展」 3331 Arts Chiyoda
  • 2014年 「FANTASTIC DAYS」      タンバリンギャラリー
  • 2016年 「Outside The Box」    AI KOWADA GALLERY

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑬ダウン症をもつ有名人

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.