0歳

娘「早希」の紹介

我が家には12歳(小6)の長男と8歳(小3)の娘がいます。
お兄ちゃんは健常児ですが、娘はダウン症です。

娘は、平成19年9月7日に生まれました。
ダウン症児は、心臓病などの合併症があることが多いのですが、娘は何もなく、元気に育っています。

市内の障害児通園施設→市内の幼稚園を経て、今はお兄ちゃんと同じ、地域の小学校の特別支援学級に通っています。

ダウン症児は知的な遅れがあることが多く、娘もやはりそうです。
他のダウン症児のお子さんたちと比べても、遅れているほうです。
言葉もまだあまり出ません。おむつもまだ取れていません。

でも、こちらが言っていることはだいたいわかっているし、本当に少しずつですが、成長していっています。
それに、何と言っても笑顔がとてもよくて、一緒にいるだけで癒されます(^^)

うちの娘にかぎらず、障害がある方は、何か不思議な力を持っているような気がします。

お兄ちゃんも、そんな妹を優しく見守ってくれています。
娘は、お兄ちゃんが大好きで、寝る時も、お兄ちゃんの腕枕で寝たり、お兄ちゃんのお腹を枕にして寝たりします。

写真は七五三の時のもの

img_4459

引用元「娘の紹介」

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-0歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.