③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症児に多い偏平足!インソールの勧め

通常、子供の足は、3歳から7歳くらいで土踏まず(※)が出来上がります。

※「土踏まず」とは、足裏のアーチ形状のこと

ダウン症児の場合、筋緊張が低いことが多く土踏まずが出来ず、外反扁平足となることが多いようです。

Author Benojeda at English Wikipedia Source Originally from en.wikipedia; description page is/was here

土踏まずは、体のバランスをとるために必要です。

土踏まずがない偏平足である場合、転びやすくなります。

また歩幅が狭く、歩くと疲れることがあるようです。

扁平足児における靴と足底装具の効果についての検討 - J-Stage

偏平足の場合、靴にインソール(※)を入れたり、専用の靴を作ってもらって歩行を安定させます。

※靴の中に敷く中底のこと

なお、オーダーメイドのインソールは健康保険が適用されます。

転ぶと結構、危険なので偏平足であるかどうかは医師に見てもらったら良いと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!


-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.