①日々所思(思うところ)

ダウン症の子供をテレビに出す有名人に否定的な人たち

たまたまYAHOO!知恵袋を見ていたら、ダウン症の子供をテレビに出す有名人に否定的な方がいました。

また、ダウン症のある子供の成長記録をブログに載せることが理解できないと言う方もいました。

私自身、テレビやブログでダウン症の子供を紹介することは、ダウン症の啓蒙につながるため良いことであると考えています。

上記のような否定的な考え方をする人たちは、どうしてそのような考え方になるのか考えてみました。

(逆に私のように肯定的な考え方が理解できないという方もいるかもしれません)

一つは偽善に感じるからではないでしょうか。

有名人がダウン症の子供が可愛いと言っていることが信じられないのだと思います。

テレビを見ているお母さん、お父さんはダウン症を告知されショックを受けている状態かも知れません。

そのような状況で、タレントがダウン症のある子供を可愛がるテレビを見ていても、そうは思えない自分とのギャップがあり過ぎて苦痛なのかもしれません。

もう一つ美化していることに違和感があるからではないでしょうか。

テレビではいいところしか流さず大変な部分は隠されていると感じているからではないでしょうか。

そう考えるとダウン症関連の番組を見ても、これは本当ではないと思うため納得できないのではないでしょうか。

一方でこのようなテレビ番組を肯定的にとらえている人たちもいます。

違和感がある方、苦痛な方は、ダウン症をテーマにした番組は観ない方が良いのかもしれません。

実際に避けている人もいるようです。

ブログも同じことが言えると思います。

ダウン症児が生まれた後の苦悩について書かれているブログはたまに見かけますが、ほとんどのブログは可愛いわが子を紹介するものばかりです。

そのようなブログも違和感と苦痛をもたらすだけなのであろうと思います。

最後に

世の中、さまざまな考え方の人がいます。

私はどの考え方もその人にとっては正しいのだと思います。

一番、大切なことは、どちらか一方が正しいのではなく、考え方の違いを理解し、認め合うことではないかと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.