①日々所思(思うところ)

ダウン症に対する建前と本音の間の葛藤

ダウン症に関するいろんな方の意見を聞いていると、ダウン症に関して建前と本音があるように感じるようになりました。

ダウン症を持った子は天使といいつつ実は悩んでいたり。

表向きは笑っていても、心では泣いている人も多いのではないでしょうか。

周りの人と温度差を感じながら、異なる自分の意見が言えず同調してしまうことがあるのではないでしょうか。

無意識のうちに良い人を演じることを刷り込まれているため、本当の自分を出せずにいるのかもしれません。

このようにして建前と本音が分かれてしまうのかもしれません。

表向きは、ダウン症を持った自分の子は可愛いといいつつ、内面では逆のことを考えている人もいると思います。

外では明るく振舞っていても、家では落ち込んでいる人もいると思います。

そのギャップがさらに精神的に追い込むのだろうと思います。

私は良い人である必要はないと思います。

自分の本当の意見は述べてもいいのではないかと思います。

そうでないと負のスパイラルにはまり、ますます悪い方向に向かうのではないでしょうか。

もっと自分を解放して良いと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.