⑪ダウン症に関するニュース

特別支援学級!外国人の子供の比率が日本人の2倍!

更新日:

国際社会貢献センターの調査になると、ブラジル人などの外国人が多くする地域(群馬、愛知など)の小学校の特別支援学級で、特別支援が必要な割合が外国人の子供の場合、日本人の2倍(5%)になっているそうです。

特別支援学級に在席している外国人の子供たちの中には、日本語を話すことが出来ないため、障がいがあると判断されている場合があるようです。

これは、外国人が多い地域において、日本語教育する体制が出来ていないことから上記の状況になっているようです。

中には、日本語が出来ないことで情緒不安定となり、そういった子供たちの行き場が特別支援学級となっている可能性があるようです。

日本語が話せないことで障がいがあるかどうかが判断できないケースもあるそうです。

今後、さらに外国人が増えると思われるため日本語教育を行う制度、体制を整える必要がありそうです。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.