③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症は昔からあったの?

ダウン症そのものの存在は、1966年にイギリスの眼科医であるジョン・ラングドン・ハイドン・ダウン(※)が論文で発表でされたのが初めてです。

ダウン医師の写真

※このダウン氏の名前からダウン症と命名されました。

1966年以前にはダウン症者がいなかった訳ではありません。

はっきりとダウン症者の存在が認められたのが1966年ということです。

1966年以前にもダウン症者は存在していました。

それでは、以前、ダウン症者はどうだったのでしょうか?

今ほど、医療技術が進歩していなかったため、重い合併症がある場合は、積極的な治療は行わなかったそうです。

そのため、短命でした。

40%のダウン症者は10歳以下で亡くなっていたようです。

おそらく今ほど見かけることはなかったのではないかと思います。

では、はるか昔はどうだったのでしょうか?

ダウン症のチンパンジーが見つかっていることから、人類に進化する以前からダウン症はあったものと考えられています。

しかし、やはり重い合併症により長生きはできなかったであろうと思います。

ダウン症そのものは、人類の進化とともに存在しつつ現在に至っており、疾患と考えるよりは一つの個性と考えた方が良いのかもしれません。

また科学の進歩により、なぜダウン症が存在しているのか謎が解ける日が来るかもしれません。

 

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

 

おすすめ記事

オススメ!


-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.