アンケート・統計データ

ダウン症育児と仕事との両立!アンケート結果は?

全てのケースに該当する訳ではないと思いますが、ダウン症児の場合、学校への送り迎えなどが必要となることが多いため、仕事との両立が問題となることがあります。

両親ともに共働きであると片方が下校時に迎えに行くなどが必要となります。

私たちのダウン症のある早希ちゃんの場合、週二日は、私が早希ちゃんをバス停まで連れて行きます。

残りの三日間は、妻が連れて行きます。

下校時は、放課後等デイサービスに通っているため、車で自宅まで送り届けてくれますが、誰か自宅にいる必要があるため、妻がいつもいるようにしています。

仕事をしている場合、定時退社でも間に合わない可能性があります。

ダウン症育児と仕事との両立は出来ているのかと思い、下記の記事により、アンケート調査を実施しました。

関連記事 ダウン症育児と仕事との両立は?アンケート調査のお願い!

結果は、次の通りです。

「出来ている」、「やや出来ている」を合わせると73.3%にもなります。

なんとか両立が出来ている人が多いようです。

一方で26.7%の人は、両立が出来ていないようです。

子どもの年齢にもよると思いますが、両立が出来ていない場合、退職を考える人もいると思います。

今は会社によっては時間短縮勤務や介護制度があるところもあると思います。

そういった制度がある場合は、活用すると良いと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-アンケート・統計データ

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.