⑥就学 11歳

早希ちゃん、副籍で小学校に行き再び暴走する?

ダウン症のある早希ちゃんは、1ヶ月に1回、東京都の副籍制度を使い、小学校に通っています。

最近は、お昼時間だけ通っていますが、今回は、給食、お昼休み、音楽の時間に行きました。

以下、付き添いで行った妻から聞いた話です。

給食は、クラスのお友達5人(男の子2人、女の子3人)と一緒に食べました。

給食の後、クラスのみんなは「だるまさん転んだ」で遊んだそうですが、早希ちゃんは興味がなったようで脱走したそうです。(笑)

滑り台など一通り遊具で一人で遊びました。

グランドを走り回ったり。

何度も妻は早希ちゃんを見失いました。(笑)

教室に戻るときも、下駄箱のところで早希ちゃんを見失いました。

そのまま教室に戻っても早希ちゃんはいません。

妻は早希ちゃんを探しに以前、在席していた支援クラスに行きましたが見つかりません。

ようやく見つかったのは、図書室でした。

早希ちゃん、小学校の中を良く知っており、自分が小学校にいた頃の思い出の場所に自らいったようです。

小学校の先生は、早希ちゃんのことを良く理解しており、温かく見守ってくれています。

図書室から早希ちゃんを連れ戻し、元の教室に戻りました。

掃除の時間です。

早希ちゃん、なんと窓から雑巾を投げてしまいました。

学校の先生は、さりげなくクラスの子に取りに行かせていました。

あっという間に5時間目の音楽の時間で、音楽室に行きました。

音楽は卒業式向けの楽器の練習です。

早希ちゃんは、笛を貸してもらい、ピーと吹いていました。

あっという間にお別れの時間です。

クラスの子たちは、早希ちゃんの方に向かって「またねー」と言って今回の副籍は終わりました。

早希ちゃん、楽しかったようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑥就学, 11歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.