③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症のあるわが子を一人で通学させることの怖さ

私たちの早希ちゃんは、現在、11歳です。

ダウン症を持っています。

早希ちゃんは、障がいの程度は2度(重度)です。

一緒に道を歩いているとかなり、道を覚えており、一人でも特別支援学校のバス停まで行けそうな気はします。

しかし、歩道から外れないように歩いたり、危険な自動車や自転車を避けたりすることは難しそうです。

今朝(2019年5月8日)、大津市で保育園児を巻き込んだ死亡事故が発生しました。

保育士や園児たちは、なにも悪くありません。

100%、事故を起こした側が悪い状況です。

右折する車に、事故を起こした軽自動車が直進して正面衝突し、信号待ちしていた保育園児13人と保育士3人の列に突っ込んだそうです。

どうも左折した車が前方をよく見ていなかったようです。

さて、ダウン症のあるわが子を一人で通学させることの怖さについてです。

このような事故は、当たり前のように起きています。

東京都では、月あたり、10人は死亡している事故が発生しています。

少し前には、池袋で80歳の男性が、おそらくアクセルとブレーキーを踏み間違ったために起きた事故があり、母子が亡くなりました。

このような事故があると、こちらに非はなくても命を落とす危険があるため、早希ちゃんは、当分、一人で通学させることは怖くてできない状況です。

これからの時代、自動運転などの技術が進み、このような交通事故が起きないような仕組みが出来ない限り、一人で行かせることは難しいかもしれません。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.