③ダウン症に関する疑問・悩み

何歳からダウン症児が生まれる確率が高くなるの?

更新日:

よく知られているのは、ダウン症児は1000人に一人生まれてくるというものです。

しかし、実際は、母親の年齢とともにダウン症児が生まれる確率は上がっていきます。

母親の年齢が若いと逆にダウン症児が生まれる可能性は1000人に一人より下回ります。

1000人に一人生まれてくるというのは、全体の平均です。

ダウン症児が生まれる確率が母親の年齢とともに上がるのは、母親の加齢とともに卵母細胞の染色体分離がうまくいかず、1本多くなってしまうことが原因です。

参考記事 ダウン症の原因(最近の研究成果「タンパク質コヒーシン減少が主原因」)

統計データでは、ダウン症児が生まれる確率は下図のようになります。

データ Down_Syndrome_Risk_by_Maternal_Age-semilog.svg

母親が20歳であれば、1667人に1人ですが、30歳になると952人に一人、45歳では30人に一人となります。

49歳では何と11人に一人です。

ダウン症児が生まれる確率は徐々に上がっていくため、「何歳からダウン症の確率が高くなるの?」という問いについては、答えにくいところはあります。

しかし、一つの目安として35歳過ぎたらダウン症が生まれる可能性は考えた方がよさそうです

日本産科婦人科学会では35歳を超えると高齢出産と定義しているようです。

これは、35歳を超えるといろいろなリスクが出てくる可能性があるためです。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.