⑫ダウン症児を親族に持つ有名人

ダーウィンの10番目の息子はダウン症だった?

チャールズ・ロバート・ダーウィンは、進化論でとても有名です。

進化論は、自然選択を繰り返して生物が進化したという仮説です。

そのダーウィンの10番目の息子、チャールズ・ウェアリング・ダーウィン(Charles Waring Darwin)は、ダウン症であったと言われています。

記録によると、同年齢に比べると小さく、歩くことも話すこともできなかったようです。

そのようなウェアリングをダーウィンは、とてもかわいがったようです。

写真は、ダーウィンの妻であるエマと息子、ウェアリングです。

残念ながら彼は、1年6か月(1856年12月6日 - 1858年6月28日)という短い人生でした。

猩紅熱(しょうこうねつ)が原因で亡くなったようです。

葬儀の日は、学会で「自然淘汰説」を発表する日だったそうですが、ダーウィンは学会を欠席し、葬儀に出席したそうです。

これらのことは、ダーウィンの一人娘、ヘンリエッタの著書「Emma Darwin, a century of family letters(エマ ダーウィン、家族の四半世紀の手紙)」に書かれているようです。


Emma Darwin, a century of family letters, 1792-1896 Volume 1

参考 A history of Down Syndrome

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-⑫ダウン症児を親族に持つ有名人

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.