①日々所思(思うところ) 12歳

早希ちゃんのコミュニケーシンが進化?

更新日:

早希ちゃんは、いまだに言葉をしゃべることはできません。

以前、参加したダウン症に関する講演会において、

「どうやったら、普通に言葉をしゃべれるようなるのでしょうか?」

という質問がありました。

回答は、「しゃべりたいときにしゃべれるようになる」ということでした。

早希ちゃんの場合、まだしゃべりたくはないのでしょう。

ダウン症児は、興味があることに対しては一生懸命、集中します。

しかし、興味がないことには見向きもしません。

しゃべらないことの理由の一つには、しゃべることに興味がないこともあると思います。

いままでしゃべっていたダウン症者が突然、しゃべらなくなることもあるようです。

逆に考えるとしゃべる必要性が出てくれば、しゃべりだすのかもしれません。

早希ちゃんは、言葉はしゃべれませんが、私たちの言っていることはほとんどわかっているようです。

先日、すごいところを見ました。

早希ちゃんには、早希ちゃん専用のiPadを与えています。

いつもは、YouTubeを見ています。

自分で慣れた操作して画面をスクロールさせて、選択し、好きな動画を選んでいます。

妻が横でアイスを食べていたときのことです。

それを見た早希ちゃんは、YouTubeを止め、アプリ「えこみゅ」を立ち上げました。

アプリ「えこみゅ」の写真です。

そして、アイスの絵を選び、アイスを食べたいとアピールしたのです。

妻が「いいよ」と言うと早希ちゃんは、冷蔵庫に行き、アイスを取り出しました。

これはすごいことです。

次のことができるということです。

  • iPadの操作方法を覚えている(複雑な操作が行える)
  • アプリを立ち上げて伝えたい絵を探して選択している(コミュニケーションのツールとして使いこなしている)
  • ママから許可をもらってからアイスを取り出す(ルールを理解している)

「こんなことですごいの?」と言う人もいるといると思います。

言葉をしゃべれない早希ちゃんとのギャップがすごいんです。

言葉はこれからもしゃべれないかもしれません。

しかし、iPadのような道具を使い、さらに複雑なコミュニケーションができる可能性があると思います。

えこみゅ

えこみゅ
開発元:LITALICO Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!


-①日々所思(思うところ), 12歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.