②ダウン症児の特徴

ダウン症というひとつのキャラクター

よくダウン症は、個性という言い方をされますが、私がイメージしている個性は、性格的なものなどであり、ダウン症を個性というには少し無理があると思っています。

このブログの他の記事にも書きましたがが、人の多様性と言った方がしっくりきます。

多様性は、男女だったり、人種だったりと範囲が広い言葉です。

そのため、多様性という言葉を私は使っています。

世の中、いろんな人がいるという意味合いです。

そしてダウン症児は、面白い人が多いと思います。

キャラクターとして面白いのです。

うちの早希ちゃんを見ていても飽きません。

やることなすことが面白いのです。

いつもニコニコしていますが、少し小悪魔的なところがあり、ものをわざと隠してみたり、投げてみたりすることがあります。

早希ちゃんなりのコミュニケーションです。

愛嬌があり、人の感情に敏感です。

人が悲しんでいると一緒に泣いたり、人が怒っているとすぐ泣いてしまいます。

早希ちゃんに限らず、どのダウン症児もキャラクターとして面白いのです。

だから私はダウン症は一つのキャラクターだと思います。

みなさんどうでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-②ダウン症児の特徴

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.