⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症者対応のスマートスピーカーGoogle Home

スマートスピーカーはご存じでしょうか。

スマートスピーカーは、人間の言葉で話しかけることで音声操作できるスピーカーのことです。

Googleの「Google Home」やAmazonの「Amazon Echo 」などがあります。

「Google Home」であれば、「OK Google、今日の天気は?」とスピーカーに語り掛けると「今夜は20度です。晴です。」という具合にAIが音声で答えてくれます。

うちでも使っていますが、結構、便利です。

一番、使っているのは、天気予報、タイマー、アラーム、ニュースあたりでしょうか。

このスマートスピーカーは、ダウン症など障がいがある人の話す言葉を誤って認識しているそうです。

「Project Understood」は、ダウン症のある人が話す言葉をWebを通して収集し、Googleの音声認識に学習させ、認識率を向上させる試みをしています。

ダウン症者がスマートスピーカーに話しかけるだけでいろんな操作ができるようになったら、行動範囲も広がることでしょう。

ダウン症者は、吃音の人が多く、聞き取りずらいところがあります。

このGoogleが開発した音声認識により、ダウン症者の言葉を正確にとらえることができるようになったら、今以上にコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

Googleのスマートスピーカー「Google Home」の発展が楽しみです。

言葉自体が言えなくても、その子の独自のしゃべり方に応じて認識してくれるようになったら、さらに素晴らしいと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.